おばさんの思い出日記

太ったおじさんみたいなおばさんです。

困ったら、助けてと言えること

 

■今日は、はてなーの嫌いな、改行と句読点の多いポエミーな文章です。

 

夫と一緒に暮らすまで、

私は

何でも自分でやらなければいけないと思っていた。

 

やや、注意欠如多動性障害(ADHD)ぎみで

ひどい精神病なのに、全てを自分で抱え込んでいた。

 

家の中で、あれもやらなきゃ、これもやらなきゃ、と、

ひとりでパニックになっていると、

夫に聞かれた。

 

「なんで、助けてって言わないの?」

と。

 

そんな発想がなかった。

気が付いたらひとりだったから、

少なくとも、家の中ではひとりだったから、

家の中で困ったときに、

人に、

「助けて!」と頼む、

そういう発想がなかった。

 

それからは、

困ったことがあったら、

夫に

「助けて。」

と言うようになった。

そうすると、夫が助けてくれる。

 

私が、夫に、

「 なんでそんなに優しくしてくれるの?」と聞くと、

「家族だから。」

という答えが返ってきた。

 

私は家族というものがどんなものだか知らない。

だから、正直、私にはよくわからない感覚だ。

 

夫は私に

「ららちゃんは俺に無償の愛をくれた。

 だから俺は絶対にららちゃんを裏切らないし、

 裏切れない。」

と言う。

 

だけど、私には

「夫に無償の愛を与えた。」

という感覚がない。

 

今、ふと思った。

 

私の夫に対する

「何でそんなに優しくしてくれるのか分からない。」という感覚と

夫の私に対する

「ららちゃんが俺に無償の愛を与えてくれた。」という感覚は

同じものなのかもしれないと。

 

たぶんだけど、

お互いに、もらっている感覚はあっても

与えているという感覚が薄いんだと思う。

 

もしかしたら、これのことを

「家族愛」

って呼ぶのかな?と思った。

 

おわり